オリックス銀行カードローンのあれこれ

申し込み条件とは…

  • 20歳~65歳の方
  • 安定収入がある方
  • 国内在住の方

となっているので、そこまで厳しい制限はなさそうです。正社員の条件や、最低年収についても記載がありませんので、アルバイトやパートでも継続年数がある程度あれば問題ないと言えそうです。自営業でも、借り入れたお金の利用先が事業目的でなく、個人的な利用であれば問題ありません。ただし、日雇い労働者や仕事をしていない専業主婦は不可となるでしょう。

他社だと収入や雇用形態の縛りがあったりするので、その点で見ると借り入れしやすい銀行だと思います。審査の厳しさでいうと、一般的な銀行カードローンと消費者金融の間といったところでしょうか。一般の銀行系だだと、雇用形態が公務員か会社員でないと厳しいですが、ネット銀行のカードローンだからなのかその点はゆるめです。ただし、保証会社の審査には通る必要があるため、消費者金融よりは厳しくなると思います。

仮審査などの制度はないので、実際に審査に通るかどうかは申し込んでみなければわかりません。気になる方はまずは申し込みをしてみるといいと思います。また、半年以内に複数の申し込みをすることはNGとされているので、注意が必要です。

オリックス銀行カードローンのメリットは

口座開設の必要がない

銀行系のカードローンは、一般的に口座開設の必要があったり、また強制ではなくとも口座があったほうが優遇されることがあります。しかしオリックス銀行カードローンは口座開設の必要がありませんし、優遇制度もないため平等です。

資金計画が立てやすい

振り込みで借り入れをする場合、その口座は専用で指定する事ができます。通常の口座とは分けて管理ができるので、自身の資金計画も立てやすくなりますね。

利用限度額300万円までは収入証明書の提出必要なし

収入証明書の提出が必要ない銀行カードローンは他にもありますが、限度額はせいぜい200万円程度がほとんどなので、300万円までとなると嬉しいですね。ただし勤め先の会社名などは伝える必要があるため、だいたいの年収は予測がつきます。そこも加味して限度額が設定されるので、誰でも必ず300万円まで借りられるということではないのでご注意ください。

利用限度額の最大値が高い

最高800万円までの契約が可能なので、おまとめローンとしての役割は十分果たせますよね。まとめ先を探している方にとってはメリットになると思います。
オリックス銀行カードローンでおまとめする

24時間振り込みでの借り入れが可能

銀行は一般的に、営業時間内での借り入れ申し込みでなければ、振り込みをしてもらうことはできません。しかしオリックス銀行カードローンでは、ジャパンネット銀行を振込先に指定した場合に限り、なんと年中無休で24時間振り込みでの借り入れができます。
これは他の銀行では行っていない独自のサービスなので、嬉しいですね。特に一般的な営業時間外の、深夜帯に利用する可能性のある方にとっては大きなメリットでしょう。

オリックス銀行カードローンのデメリットは

指定口座にできる銀行は限定されている

指定不可な銀行…ゆうちょ銀行、イオン銀行、シティバンク銀行、オリックス銀行、セブン銀行、楽天銀行、農林中央金庫、商工中金
ネット銀行が引き落とし口座の指定にできないのは、不便な方もいるかもしれません。

銀行系の中では金利が高めの設定

ネットバンク系での金利相場は14%前後なので、オリックス銀行カードローンの最大金利17.8%を見ると高めだと思います。消費者金融でもだいたい18%前後なので、この点ではあまり違いは感じられないでしょう。

即日融資不可

オリックス銀行カードローンは審査結果が分かるまでに約3日かかり、カードを発行して実際に借り入れをするまでは、申し込みから7日程度はかかりそうです。他のネット銀行でも即日融資を行っているところは少ないのですが、急いで借り入れしたい方にとってはデメリットといえます。